<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2010/12/12~鳥海山系、笙ガ岳


今年さいごの会山行で、笙ガ岳(鳥海山系、1,635.3m)へ行ってきた
d0169556_1838950.jpg

時折、日が差す絶好のアタック日和にも思えたが・・

入山当初から雪交じりの予想通りの天気の中
d0169556_18372318.jpg

「プチ鳥海マリモ」っぽい藻がある沢も渡り 標高約350m地点から
せっせと登り始めた

山頂直下近くでは すざまじい強風雪となり
d0169556_18404062.jpg

山頂まで400m弱を残して撤退・下山


冬山では無理は出来ません、安全第一です


「お迎えの後光」が差した様に見えたが
d0169556_18453036.jpg

ただの「雲間から差した斜陽」だった


にしても、「ゆっくり目に歩いた」という、鉄人K玉君のハイペースに
付いて行けなかったでばorz
[PR]
by lp-instinct919 | 2010-12-15 22:35 | Trackback | Comments(2)

201/12/05~日住山


土曜4日は、所属山岳会の忘年会へ
車で1時間の距離の為、会終了後は会長別宅へお世話になる

翌日日曜5日は、「ハダハダ祭り」を期待して浜へ向かったが
気温がまだ高いせいか、群れが接岸せず残念

二日酔いの体には、釣りがお似合いだったのだが

仕方なしに家路に着くが、どうも足の筋肉が少し運動をしたいらしく(笑)
先日、鬼倉山へ行った途中にある「日住山(標高605.6m)」へ寄って
行くとした


駐車点より直線で約400m、標高差約165m程、小1時間で往復出来る
山頂手前のウン十段の丸太階段がきっつい(笑)
d0169556_1839329.jpg


4等三角点のある山頂
d0169556_18403721.jpg


寒風吹きすさぶ山頂より由利本荘市内方面を臨む
d0169556_18412527.jpg


山頂より東側へ延びる尾根を歩いてみたが、ヤブや立ち木が邪魔で
「鬼倉山」は見ることが出来なかった、残念!

標高約520m地点から、まっすぐ降りるショートカット道を下降中に
滑ってぶっ転んでしまった(笑)
d0169556_18435740.jpg



おまけ~
今回は「メーテル調」のお帽子を被った しんちゃん(笑)
d0169556_18474566.jpg


と、ライオンキング(爆)
d0169556_18481174.jpg

[PR]
by lp-instinct919 | 2010-12-05 22:30 | 登山 | Trackback | Comments(0)


たぇっすたぁ ええ 山ブログだどぉ~、見でけれ~(笑)


by yamaoyazy

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

外部リンク

フォロー中のブログ

山は呼ぶ おやつの声

カテゴリ

全体
登山
山スキー
沢登り
岩登攀
猫・・しんちゃん
壷焼itter
未分類

ライフログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
カメラ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31