2012/09/09~高下沢遡行


9日は山の会にて、和賀高下山系の高下沢へ3年振りに行ってきた。

メンバー:Dr.K造(L)、鉄人K玉君、ベテランK谷さん、デンキさん、oyazy


前回は上部がまだ残雪多く、詰めの状況が今回は判ると期待。
3年前の記事はこちら↓↓

http://yamaoyaji005.at.webry.info/200906/article_5.html


7時過ぎ、前週と同じ、和賀・高下登山口手前を7時過ぎに出発。
登山口手前の林道補修はまだまだ掛かりそう。

登山口から北に伸びる廃道を辿り、途中から沢に下降す。

しばらくのゴーロ歩きに飽きた頃、最初の大滝6m位、8:40頃
d0169556_1738390.jpg


斥候隊の、鉄人とデンキの2名は軽々と先行
d0169556_17434415.jpg


ベテランK谷さんもバランス良く登行します
d0169556_1745283.jpg


シャワークライムですね
d0169556_17461385.jpg


リーダーK造先生も危なげありません
d0169556_1746584.jpg


って、oyazyにはロープが降りて来なかったナー(笑)


以降、花崗岩ベースの沢床のきれいな小滝が連続し飽きさせない遡行が続く


青苔が付く小滝2段の下には、それはそれは綺麗な釜を持った滝に見とれ
皆立ち止まる
d0169556_17503047.jpg


いたづらして、防水デジカメを半水没させて撮ってみる すごい透明度!(笑)
d0169556_17523111.jpg



水量は少ないが、こきみ良い小滝に、K谷さんも、「いぇ~い♪」ポーズ
d0169556_17541358.jpg


途中、こんなコンクリート堰堤みたいな滝もあり
d0169556_17553952.jpg


イケメンK玉登攀隊長は余裕でポーズ
d0169556_17564364.jpg


とよ状の滝 足の長~いデンキ殿は 一またぎ(笑)
d0169556_17575381.jpg



プチゴルジュ帯もなんのその~、っとへつり
d0169556_17592950.jpg


全体が青苔に包まれた小滝も多かった
d0169556_17595810.jpg



終盤の大滝 約10m
d0169556_1814397.jpg

斥候隊は果敢に左壁から攻めるも、ロートル隊は左岸側を高巻きす
抜け口が結構傾斜ありキツい

下部で既にひと雨降ってたので、本日は無理をせず、本流から990m地点
より左又へ
d0169556_1894058.jpg


本流より水量が多く、震えるほどに冷たい沢水の滝を登行して行くと・・・
d0169556_1811955.jpg



その冷たい訳が判明した!

なんと!涸れ滝の直下から、コンコンと冷たい水が大量に湧き出ているでは
ないか!
d0169556_18124753.jpg

写真では判りにくいが、水面下から泡も出ていた

休憩で置いたザックに付けていた気温計が水に浸かっていたようで、
なんと!6~7℃位! ど~りで「超つべた~い!」ワケでした
おやぢはさぶくで、ブルブルと震えてました(笑)


その上部の涸れ滝途中で見つけた、きれぃ~な、水晶
d0169556_18163653.jpg



涸れた沢形をしばらく遡上し、さらに15分程ハイマツ他のヤブ漕ぎの
洗礼を受けて13時少し前に登山道に合流す
d0169556_18195829.jpg


やはり、本流詰めよりはよほどマシだが、高下にはヤブ漕ぎはつき物だった!

高下岳南峰約500m手前あたりか
d0169556_18212522.jpg



途中、大きなダケカンバの木が見えた辺りから、和賀方面からゴロゴロと
雷鳴が・・・
d0169556_18232664.jpg



急ぎ足で尾根を下降すも、登山口に着いたあたりからドシャ降りになり
車着15時頃
林道崩壊が無ければ濡れずに済んだのにな~(笑)

K造先生の新車同様のプラドーに皆、申し訳なく同乗し
帰路は、沢内バーデンで入浴、さっぱりとして帰る




~~~完

[PR]
by lp-instinct919 | 2012-09-11 20:29 | 登山 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yamaoyazy.exblog.jp/tb/16794158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヒゲゴジラ at 2012-09-12 20:51 x
お世話になりました、そしてご苦労様でした。
天気を気にしながらの遡行でしたが、それなりに楽しかったですね。
苦手な藪漕ぎが短時間で済むとは・・・ラッキーでしたね。
またどこかの沢ご一緒しましょう。その時は宜しくです。
Commented by yamaoyazy♡ at 2012-09-13 07:51 x
ヒゲさん毎度。
遡行お疲れ様でした。

少々物足りなさはありましたが、自分的には癒しの沢、
高下に大満足でした!

次回またよろしこです!
Commented by sho-m1228 at 2012-09-13 13:59
oyazy師匠、滝の苔むす感じとか清涼感が伝わります(・∀・)
山の水って何であんなに冷たいんですかね、いつも疑問に思います。

水晶ってああなってるんですね、初めて知りました(嬉)
Commented by yamaoyazy♡ at 2012-09-13 17:54 x
SHO師匠殿毎度!

写真はテキトーに撮りましたが、沢中は終始涼しかったでし。
でも、水温6℃の滝場は手がしびれました(笑)

雪解け水が深~く浸透してゆっくり染み出てくるから
なんざんしょかね???

水晶・・・偶然にポッケにかけら1個だけ入ってますた(爆)


たぇっすたぁ ええ 山ブログだどぉ~、見でけれ~(笑)


by yamaoyazy

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

外部リンク

フォロー中のブログ

山は呼ぶ おやつの声
あけどさんの山と人づきあ...

カテゴリ

全体
登山
山スキー
沢登り
岩登攀
猫・・しんちゃん
壷焼itter
未分類

ライフログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
カメラ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31